ダイヤモンド買取 メレダイヤとは何か

ダイヤモンド買取をして欲しいあなた、そのもっているダイヤモンドが、メレダイヤということもあるでしょう。

メレダイヤならどう買取額に影響してしまうのでしょうか。今回、メレダイヤ買取をして欲しいというあなたの悩みを解決しましょう。

メレダイヤとは

あなたがダイヤモンド買取をして欲しいと思ったとき、そのダイヤモンドは、「メレダイヤ」と言われることがあるかもしれません。さて、メレダイヤってなんなのでしょうか……。

メレダイヤとは、メレ(melee)のダイヤモンドということであり、ダイヤモンドの大きさことをあらわしています。

フランスの言葉で、 小粒石というのがメレダイヤです。一般的に0.1ct以下の小さなダイヤモンドのことを言います。

中石を引き立てる脇石として使用とされることもあり、マリッジリングを飾るダイヤモンドとしても使われています。

まさに、メレダイヤの存在は、リング全体の輝きに大きく影響を与える大事なポジションとも言っていいでしょう。

品質のいいメレダイヤは、キラキラと輝いてくれて、ジュエリーを一層華やかなものにしてくれます。

メレダイヤには鑑定書はない

メレダイヤには、普通のダイヤモンドとは違い、通常鑑定書がありません。なぜなら小さいダイヤモンドだから、いちいちそれに対して鑑定書というのでは、現実的ではないのではないでしょうか。
そのために、ダイヤモンドの価格が高くなってしまうかもしれません。

しかし、メレダイヤにも価値が存在しているのは事実です。

メレダイヤを買取して欲しい

メレダイヤを買取して欲しいという人たちもいらっしゃることでしょう。

メレダイヤを買取して欲しいという場合には、ダイヤモンド買取ショップをどこにしようか選択も大事なポイントになるでしょう。あのダイヤモンド買取ショップならば、あなたのメレダイヤを、正しく評価して買取してくれることでしょう。

逆に、メレダイヤ買取をそれほど求めていないダイヤモンド買取業者もあるかもしれません。

メレダイヤ以外にも、色石、カラーダイヤモンドを買取して欲しいという方々もいらっしゃることでしょう。

そのような人たちも大事なのは、カラーダイヤモンドが何か、色石が何かということを知ることであり、現在、どの程度の買取価値が存在しているのか知ることではないでしょうか。

買取して欲しいとき、大事なのは、買取ショップ選びです。選択肢は、宝石をメインに買取業者を扱っているお店に依頼することです。

ダイヤモンド鑑定書の意味

ダイヤモンドは、鑑定書によって、ダイヤモンドの価値が証明されていると言っていいでしょう。

そもそも鑑定書とはどのような意味をもったものなのかお話ししましょう。

ダイヤモンド鑑定書の意味

ダイヤモンドを購入するときに、そのダイヤモンドが価格以上価値の低いものだった……ということがないように、鑑定書はそのダイヤモンドの品質と価格を適正に判断するために必要になります。

ダイヤモンドの鑑定書とは、「ダイヤモンドグレーディングレポート」という言い方をします。

ダイヤモンドグレーディングレポートは、GIA(米国宝石学会)が定めた品質評価国際基準としての、「4C」がベースとなり、 それぞれの鑑定機関によって独自の書式で発行されています。

そのダイヤモンド鑑定書には、重量と品質のグレードに対して、根拠とすることが出来る測定・検査結果が明示されています。

ダイヤモンドに「4C」という基準はとても大事ですが、4Cとともに、ダイヤモンドの写真、それぞれ部分のサイズ(直径の最大&最小値、テーブル~キューレットの深さ)、プロポーション、テーブル面の割合だったり、クラウン角度、パビリオン角度やガードルの厚さと言ったものまで、更に紫外線を照射したときの蛍光性の強さとか、クラリティ特徴の記号による図示……と言った、非常に細かいレベルの測定&検査が行われてそこに記載されてあります。

ただし、ダイヤモンド鑑定書には価格の表示はありません。ですから、価値自体は、鑑定書を確認して、いろいろな判断・根拠でもって決められていくことでしょう。

実際に、ダイヤモンドについて詳しくない人たちがいたとしても、ダイヤモンド鑑定書には全部書いてあるので、それを解読すれば、ダイヤモンドのことは全部わかってしまう仕組みになっています。

そして、ダイヤモンド買取してもらったとき、そのダイヤモンドが適正価格なのかも、鑑定書から判断することが出来るでしょう。

鑑定書と鑑別書の違い

ダイヤモンド鑑定書とは別に、宝石鑑別書というものもあります。
宝石鑑別書とは、どのように違いがあるのでしょうか。

ダイヤモンド鑑定書は、ダイヤモンドの品質を証明してくれるモノです。一方で宝石鑑別書は、品質の評価をするものではなく、宝石の種類や起源を見分ける程度のモノです。

実際にダイヤモンドに対しては、国際的に認められている体系的な評価方法と基準というものが存在していますが、他にある宝石にはそのような基準が存在している訳ではありません。

ダイヤモンド買取 ダイヤモンド三大ブランドとは

まだダイヤモンドがなんたるか知らない人たちもいるのではないでしょうか。ダイヤモンド買取してもらうためにも、ダイヤモンドのノウハウはある程度必要ではないでしょうか。

ダイヤモンド三大ブランド

みなさんはダイヤモンドに三大ブランドが存在していることはご存じでしょうか。

結婚指輪で、ダイヤモンドの指輪など見ていると、世界三大ダイヤモンドブランドという言葉が目に飛び込んでくることもあるかもしれません。ダイヤモンド三大ブランドとは、「ロイヤル・アッシャー」「ラザール・ダイヤモンド」「モニッケンダム」のことです。

「ロイヤル・アッシャー」「ラザール・ダイヤモンド」「モニッケンダム」

では、「ロイヤル・アッシャー」「ラザール・ダイヤモンド」「モニッケンダム」のどれがいいかと言われてもなかなか簡単には決めることが出来ないでしょう。

そもそも、これらは、ダイヤモンドを原石から自分の会社で研磨(カット)するブランドのことです。

「ロイヤル・アッシャー」「ラザール・ダイヤモンド」「モニッケンダム」は、特別、 カッティング技術が優れていると評価されている会社であり、様々なカットの評価の基準を新たに定めたり、まさにダイヤモンドのトップリーダー的役割を果たし、ダイヤモンドを語る上で欠かすことが出来ない存在です。

ダイヤモンドは輝きが違う

ダイヤモンド買取してもらう時も、ダイヤモンドは、それぞれ輝きが違っていたりするから、よりしっかり査定して買取価格が決定されるでしょう。

ダイヤモンドはそれぞれ違うから、買取価格にも大きな違いがあり、そのような意味では、他の宝石とは全然違うタイプのものかもしれないですよね。

ダイヤモンドの輝きに対して、大きく分類すれば、「白い輝きのブリリアンス」「表面のきらめきのシンチレーション」「虹色の輝きのディスパージョン」ということになります。

白い輝き方をするダイヤモンドは、 ロイヤル・アッシャーとモニッケンダムであり、 虹色の輝きのディスパージョンは、 ラザール・ダイヤモンドです。

ヨーロッパの人たちは、幾分白い輝きをするダイヤモンドに魅了されているようですね。

ロイヤル・アッシャーとモニッケンダムの白い輝きの方には更に違いがあります。

ロイヤル・アッシャーの輝きは、白さと透き通るような透明感が、更にモニッケンダムのダイヤモンドは、 瑞々しい輝きが特徴的と言っていいでしょう。

動かすときらめきがとてもキレイに感じられるのが、モニッケンダムというダイヤモンドブランドメーカーであり、 見ているだけで美しいと感じるのは、 ロイヤル・アッシャーというブランドです。

ダイヤモンドの三大ブランドとは

ダイヤモンドDiamondには、世界三大カッターズブランドというものが存在しています。ダイヤモンド買取の時も価値を高めてしまっているのは、確固たるブランド価値が存在しているからです。 ダイヤモンド買取業者も、ロイヤルアッシャー、ラザール・ダイヤモンド、モニッケンダムと言ったブランドのダイヤモンドを買取したいと思っています。

ロイヤルアッシャー

ダイヤモンドに関心を持っていらっしゃる方々なら、ロイヤルアッシャーの名前も一度程度聞いたことがあるのかもしれないですよね。 ロイヤルアッシャーは、ジョセフ・アイザック・アッシャーが創業したブランドです。現在の社長は、エドワード・アッシャー(2018年10月現在)です。 オランダ、イギリス、アメリカ、中国、日本(銀座・福岡天神店)と言った場所には、ロイヤルアッシャーのブランドショップがあります。 ロイヤルアッシャーは、 世界で唯一「ロイヤル」の称号を授けられたダイヤモンドジュエラーとして、多くの人たちに評価されています。 トリリアントカット、アッシャーカット(スクエアエメラルドカット)などをジュエリー界に広めたのも、 ロイヤルアッシャーの偉業です。 ロイヤルアッシャーのブランド力は未だ衰えることはありません。

ラザール・ダイヤモンド

ラザール・ダイヤモンドは、1903年にラザール・キャプランによって創業されました。 レオン・テンペルスマン(2018年10月現在)が現在のCEOです。 アメリカ、カナダ、中国、シンガポール、日本などにプティックを構えています。 ラザール・ダイヤモンドは由緒正しい老舗ダイヤモンドブランドという感じでしょうか。遊び心を活かした画期的なデザインでも注目されています。

モニッケンダムとは

モニッケンダムとは、1890年によってルイ・モニッケンダムによって創業されました。ギャリー・モニッケンダム(2018年10月現在)が現在の社長です。 モニッケンダムは、ジュエリー製造とともに、他社ジュエラーたちに自社ダイヤモンドを提供するカッターズブランドとしても注目されるブランドです。 モニッケンダムのブランドを語るうえで欠かすことが出来ないのは、巧みなカット技術にあるといっていいでしょう。 キース・ボーエンが、0.00164カラット(1カラット約2g、約6.5mm)のダイヤモンドに58面体のフルカットを施す……という驚くべき偉業が注目されたこともあります。

ダイヤモンドの買取ならグリーバー

ダイヤモンド買取価値はどうして生まれたのか 歴史を探る

現在でもキラキラ輝く魅力のあるダイヤモンドには、どのような歴史が存在しているのでしょうか。

ダイヤモンドは美しい対象として欲望の長い歴史が存在していると言われています。

ダイヤモンドの歴史

美しい対象として欲望の長い歴史、それがダイヤモンドの歴史と言っていいでしょう。

紀元1世紀に、ローマの自然学者プリニウスはダイヤモンドについて、ダイヤモンドは美しい石というばかりではなく、この世の全てにおいて一番価値のある存在だと言っています。

ダイヤモンドは、地球の深い場所の超高圧超高温の条件で生成されたものです。それが地上に登場するために激しいパワーで押し上げられて来ます。隠れた場所から、自然や人のパワーによって苦労して取り出されたものがダイヤモンドです。

ただしそれが現在のダイヤモンドではありません。それから割られ、カッティングされ、ポリッシュされ、その自然の美しさがよりキラキラ輝くことになります。

インドからはじまった

ダイヤモンドに対しての愛情はインドからスタートしたとも言われています。インドでダイヤモンドは田舎の河川から採集されることになりました。それは紀元前4世紀ごろです。

ダイヤモンドはその頃、インドの富裕層のためだけの存在であったのかもしれません。

しかしそのような事態は段々と変わってきました。

エキゾチックなダイヤモンドの魅力はヨーロッパの人たちもしっかり受け入れ西ヨーロッパへの道が大きく開かれることになります。1400年代あたりは、ダイヤモンドの存在はヨーロッパのエリートのためのファッショナブルなアクセサリー的アイテムだったと言ってもいいかもしれません。

ブラジルが重要な産地

しかしインドにおいて段々とダイヤモンドの供給が減少していくことになります。そして、段々とブラジルが重要な産地と変化していく事態になっていきます。

ダイヤモンドは、金鉱夫が地元の川砂利をふるいにかけていたとき、たまたま発見されたと言われています。

ダイヤモンドはブラジルという時代は、その後、150年以上も続いていたと言います。

更にダイヤモンドは、ダイヤモンド独自のいろいろな歴史を創造することになります。1

866年の南アフリカのキンバリーでのダイヤモンドの発見によって、大きな変化が起きたいといっていいでしょう。

ダイヤモンドの素晴らしさは、何世紀にもわたって高い価値が認められています。しかし、単にそこに存在している希少価値に対しての美しさではなく、ダイヤモンドの価値はコントロールされた美の要素も深く関わっていくことになります。