ダイヤモンド買取 ダイヤモンド三大ブランドとは

まだダイヤモンドがなんたるか知らない人たちもいるのではないでしょうか。ダイヤモンド買取してもらうためにも、ダイヤモンドのノウハウはある程度必要ではないでしょうか。

ダイヤモンド三大ブランド

みなさんはダイヤモンドに三大ブランドが存在していることはご存じでしょうか。

結婚指輪で、ダイヤモンドの指輪など見ていると、世界三大ダイヤモンドブランドという言葉が目に飛び込んでくることもあるかもしれません。ダイヤモンド三大ブランドとは、「ロイヤル・アッシャー」「ラザール・ダイヤモンド」「モニッケンダム」のことです。

「ロイヤル・アッシャー」「ラザール・ダイヤモンド」「モニッケンダム」

では、「ロイヤル・アッシャー」「ラザール・ダイヤモンド」「モニッケンダム」のどれがいいかと言われてもなかなか簡単には決めることが出来ないでしょう。

そもそも、これらは、ダイヤモンドを原石から自分の会社で研磨(カット)するブランドのことです。

「ロイヤル・アッシャー」「ラザール・ダイヤモンド」「モニッケンダム」は、特別、 カッティング技術が優れていると評価されている会社であり、様々なカットの評価の基準を新たに定めたり、まさにダイヤモンドのトップリーダー的役割を果たし、ダイヤモンドを語る上で欠かすことが出来ない存在です。

ダイヤモンドは輝きが違う

ダイヤモンド買取してもらう時も、ダイヤモンドは、それぞれ輝きが違っていたりするから、よりしっかり査定して買取価格が決定されるでしょう。

ダイヤモンドはそれぞれ違うから、買取価格にも大きな違いがあり、そのような意味では、他の宝石とは全然違うタイプのものかもしれないですよね。

ダイヤモンドの輝きに対して、大きく分類すれば、「白い輝きのブリリアンス」「表面のきらめきのシンチレーション」「虹色の輝きのディスパージョン」ということになります。

白い輝き方をするダイヤモンドは、 ロイヤル・アッシャーとモニッケンダムであり、 虹色の輝きのディスパージョンは、 ラザール・ダイヤモンドです。

ヨーロッパの人たちは、幾分白い輝きをするダイヤモンドに魅了されているようですね。

ロイヤル・アッシャーとモニッケンダムの白い輝きの方には更に違いがあります。

ロイヤル・アッシャーの輝きは、白さと透き通るような透明感が、更にモニッケンダムのダイヤモンドは、 瑞々しい輝きが特徴的と言っていいでしょう。

動かすときらめきがとてもキレイに感じられるのが、モニッケンダムというダイヤモンドブランドメーカーであり、 見ているだけで美しいと感じるのは、 ロイヤル・アッシャーというブランドです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です