ダイヤモンド買取価値はどうして生まれたのか 歴史を探る

現在でもキラキラ輝く魅力のあるダイヤモンドには、どのような歴史が存在しているのでしょうか。

ダイヤモンドは美しい対象として欲望の長い歴史が存在していると言われています。

ダイヤモンドの歴史

美しい対象として欲望の長い歴史、それがダイヤモンドの歴史と言っていいでしょう。

紀元1世紀に、ローマの自然学者プリニウスはダイヤモンドについて、ダイヤモンドは美しい石というばかりではなく、この世の全てにおいて一番価値のある存在だと言っています。

ダイヤモンドは、地球の深い場所の超高圧超高温の条件で生成されたものです。それが地上に登場するために激しいパワーで押し上げられて来ます。隠れた場所から、自然や人のパワーによって苦労して取り出されたものがダイヤモンドです。

ただしそれが現在のダイヤモンドではありません。それから割られ、カッティングされ、ポリッシュされ、その自然の美しさがよりキラキラ輝くことになります。

インドからはじまった

ダイヤモンドに対しての愛情はインドからスタートしたとも言われています。インドでダイヤモンドは田舎の河川から採集されることになりました。それは紀元前4世紀ごろです。

ダイヤモンドはその頃、インドの富裕層のためだけの存在であったのかもしれません。

しかしそのような事態は段々と変わってきました。

エキゾチックなダイヤモンドの魅力はヨーロッパの人たちもしっかり受け入れ西ヨーロッパへの道が大きく開かれることになります。1400年代あたりは、ダイヤモンドの存在はヨーロッパのエリートのためのファッショナブルなアクセサリー的アイテムだったと言ってもいいかもしれません。

ブラジルが重要な産地

しかしインドにおいて段々とダイヤモンドの供給が減少していくことになります。そして、段々とブラジルが重要な産地と変化していく事態になっていきます。

ダイヤモンドは、金鉱夫が地元の川砂利をふるいにかけていたとき、たまたま発見されたと言われています。

ダイヤモンドはブラジルという時代は、その後、150年以上も続いていたと言います。

更にダイヤモンドは、ダイヤモンド独自のいろいろな歴史を創造することになります。1

866年の南アフリカのキンバリーでのダイヤモンドの発見によって、大きな変化が起きたいといっていいでしょう。

ダイヤモンドの素晴らしさは、何世紀にもわたって高い価値が認められています。しかし、単にそこに存在している希少価値に対しての美しさではなく、ダイヤモンドの価値はコントロールされた美の要素も深く関わっていくことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です