ダイヤモンド鑑定書の意味

ダイヤモンドは、鑑定書によって、ダイヤモンドの価値が証明されていると言っていいでしょう。

そもそも鑑定書とはどのような意味をもったものなのかお話ししましょう。

ダイヤモンド鑑定書の意味

ダイヤモンドを購入するときに、そのダイヤモンドが価格以上価値の低いものだった……ということがないように、鑑定書はそのダイヤモンドの品質と価格を適正に判断するために必要になります。

ダイヤモンドの鑑定書とは、「ダイヤモンドグレーディングレポート」という言い方をします。

ダイヤモンドグレーディングレポートは、GIA(米国宝石学会)が定めた品質評価国際基準としての、「4C」がベースとなり、 それぞれの鑑定機関によって独自の書式で発行されています。

そのダイヤモンド鑑定書には、重量と品質のグレードに対して、根拠とすることが出来る測定・検査結果が明示されています。

ダイヤモンドに「4C」という基準はとても大事ですが、4Cとともに、ダイヤモンドの写真、それぞれ部分のサイズ(直径の最大&最小値、テーブル~キューレットの深さ)、プロポーション、テーブル面の割合だったり、クラウン角度、パビリオン角度やガードルの厚さと言ったものまで、更に紫外線を照射したときの蛍光性の強さとか、クラリティ特徴の記号による図示……と言った、非常に細かいレベルの測定&検査が行われてそこに記載されてあります。

ただし、ダイヤモンド鑑定書には価格の表示はありません。ですから、価値自体は、鑑定書を確認して、いろいろな判断・根拠でもって決められていくことでしょう。

実際に、ダイヤモンドについて詳しくない人たちがいたとしても、ダイヤモンド鑑定書には全部書いてあるので、それを解読すれば、ダイヤモンドのことは全部わかってしまう仕組みになっています。

そして、ダイヤモンド買取してもらったとき、そのダイヤモンドが適正価格なのかも、鑑定書から判断することが出来るでしょう。

鑑定書と鑑別書の違い

ダイヤモンド鑑定書とは別に、宝石鑑別書というものもあります。
宝石鑑別書とは、どのように違いがあるのでしょうか。

ダイヤモンド鑑定書は、ダイヤモンドの品質を証明してくれるモノです。一方で宝石鑑別書は、品質の評価をするものではなく、宝石の種類や起源を見分ける程度のモノです。

実際にダイヤモンドに対しては、国際的に認められている体系的な評価方法と基準というものが存在していますが、他にある宝石にはそのような基準が存在している訳ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です