Menu

バシュロンコンスタンタン・vacheronconstantinには歴史の重みが存在している


バシュロンコンスタンタン・vacheronconstantinの一体何がすごいのでしょうか。

バシュロンコンスタンタン・vacheronconstantinには、歴史の重みが存在しています。バシュロンコンスタンタン・vacheronconstantinを身につけている方々は、バシュロンコンスタンタンの歴史の衣装を身にまとっているのでしょう。

バシュロンコンスタンタン・vacheronconstantinがスタートしたのは、1755年です。

1755年に創業

バシュロンコンスタンタン・vacheronconstantinは1755年に創業スタートします。

ジャン=マルク・ヴァシュロンという若者が小さな時計工房をスイス・ジュネーブに構えることに。更にその後、フランソワ・コンスタンタンを共同経営社に迎え入れて、会社の名前も「バシュロンコンスタンタン・vacheronconstantin」になります。

バシュロンコンスタンタン・vacheronconstantinは、過去、エジプト王、ャールズ皇太子とダイアナ妃と言った人たちが身につけていたようですね。そのような人たちが更にバシュロンコンスタンタン・vacheronconstantinに対して、いい相乗効果をもたらしたことでしょう。

日本では、イチローや秋元康さん・タモリさんという人たちがバシュロンコンスタンタン・vacheronconstantinを身につけています。

まさに、成功者しか身につけることができない時計がバシュロンコンスタンタン・vacheronconstantinなのです。成功と言っても、その辺に起こりうるありきたりの成功ではありません。

まさに、バシュロンコンスタンタンは成功者たちのための勲章なのかもしれません。

シンボルマークはマルタ十字

バシュロンコンスタンタンのシンボルマークはマルタ十字です。ここにあこがれを強く持っている人たちも大変多くいらっしゃるようです。

「マルタ十字」とはキリスト教の騎士修道会、マルタ騎士団(聖ヨハネ騎士団)が掲げていたマークです。

ひょっとしたらバシュロンコンスタンタン・vacheronconstantinを作った人たちの中には、マルタ騎士団の一員がいたのかもしれないですよね。

マルタ騎士団は、12世紀の十字軍時代にパレスチナで発足、現在でも未だ継続しています。

現在、騎士団員(国民)が1万人程度ということです。更に本部は、ローマにあって、イタリアから治外法権が認められている場所です。

国土はなく、ナポレオンに敗北、マルタ島が奪われてしまったからですが。

新着記事