Menu

合宿免許では一時帰宅が出来る?

合宿免許は、スピーディーに運転免許取得することができる方法です。しかし、そうはいうものの二週間程度の期間、宿泊先に滞在することになります。

二週間というのは、短期間とはなかなか言えないかもしれません。

ムーチョで合宿免許を調べてみよう

合宿免許で二週間というのはちょっと長い

実際に、合宿免許と通学での運転免許取得と比較したとき、合宿免許は二週間滞在しなければならないから、通学での運転免許取得を選択するという方々もいらっしゃることでしょう。

合宿免許の方が料金はリーズナブルなのかもしれませんが、それでも二週間というのは、ハードルは結構高いです。そして、二週間のあいだに何か理由があって帰宅しなければならない事情も出てきてしまうことに心配している人たちもいるでしょう。

そのようなとき、合宿免許ではどのような対応をすればいいのでしょうか。

合宿免許では一時帰宅が出来る?

最近では、合宿での運転免許取得で一時帰宅が許してもらえるケースも出てきました。しかし、まだ少数であり、許してもらうことができないケースが多くあります。

そして、実際に一時帰宅を許してもらうことができても、それだけスケジュールが狂ってしまうことになり、予定通りの料金で卒業することができないかもしれません。

なんで合宿での運転免許取得で一時帰宅が許してもらうことができないとか言えば、合宿免許では、期間のあいだスケジュールが全部決定してしまっているからです。

学科などは参加者が一緒に同じ内容を受けることもあるので、一人遅れてしまった場合、もう合わせることができないですよね。

また法律で1日の技能教習時間があらかじめ決まってしまっているため、あとでまとめて集中して……ということもなかなか合宿免許では出来ない現状があります。

合宿免許にもともと休日があれば、その期間に帰宅すればいいという気持ちも起こるかもしれません。しかし、合宿免許の中には、休日がない教習所もあります。 それでは帰ろうにも帰ることができないですよね……。

一時帰宅が可能な合宿免許

しかし、合宿免許では、一時帰宅が許されるケースもない訳ではありません。

最近では、一時帰宅したい生徒たちが多いということを考慮して、一時帰宅可能なプランをあらかじめ提供している合宿免許もあります。

実際に、二週間まるまる合宿免許に時間を費やすというのはなかなか厳しいかもしれないですよね。

例えば、合宿免許では年末や年始を挟んで予定が組まれているケースで一時帰宅可能な場合もあります。

新着記事